スポンサーリンク

【Processing】影のある色とりどりの円たち。ポップな彩り。

Processing

こんにちは、たやち(tayati369)です。

日々ちょっとずつProcessingでコーディングしています。

前回は「中心に集まるなにか。curveVertexを使って線を引いてみた。」に挑戦した記事を書いておりますので、よければそちらも御覧ください。

今回は、フワちゃんのカラーイメージを勝手に想像して作ってみました。
フワちゃんは大学の頃からYou Tubeを拝見していて、原付きで旅をするシーリーズがとても衝撃的で笑いあり涙ありの最高のドキュメンタリーだなと思っています。

急激にテレビに出演し始めて、更にYouTuberとしても頑張られているのを見るととても刺激をもらっています。

芸人さんってホントすごい。

それでは、Processingのイメージとコードを公開しておきます。

イメージ

サンプルコード

import time

cnt = 0
r = 100

def setup():
    pixelDensity(2)
    colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100)
    background(0, 0, 100, 100)
    size(400, 400)
    noLoop()
    
def draw():
    global r, cnt
    noStroke()
    for j in range(0, height + r, r):
        y = j
        for i in range(0, width + r, r):
            if cnt % 2 == 1:
                x = i + r/2
            else:
                x = i
            fill(0, 0, 20, 100)
            circle(x-5, y+5, r)
            fill(random(0, 360), 100, 100, 100)
            circle(x, y, r)
        cnt += 1
    # save('img'+dt()+'.jpg')

def dt():
    dt = str(time.time())
    return dt

最後に

コードは至ってシンプルで、circle関数を使って表の円と裏の影の円をズラして配置しています。

色は単純なランダムにすることで、フワちゃんの明るさを表現しています。
フワちゃんってテレビだと破天荒に見えるけど、仲間に認められていて本当にいい人なんだなと感じますね。

こんな感じで、他の人から得たインスピレーションも表現していきたい。

作品を作るためのインスピレーションをどこから作るかも今後の課題です。これからジェネラティブアーティストの方や、Processing/P5.jsなどを使っている方の作品を見て、目を養うことも必要だなと感じています。

ではでは、最後までご覧いただきありがとうございます。

さようなら〜〜〜。

なにかあればTwitterまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました